親子で豆知識【日本三大やきとり】って?




日本三大やきとりって知ってる?

日本人の大好きな「3大〇〇」。今回から、ふぁんすたでも取り上げていきます!こういった豆知識も、特に子供の頃は知っていると話題に役立ちますよね🎶
もっとも無理に「3大」にまとめる傾向がありますので、3つ目あたりが地域によって違っていたりしますよね。
スポーツの「6位入賞」みたいに「6大」くらいにするとしっかりと入るのかもしれませんね。
第1回は、大人も子供も大好きな「やきとり」についてご紹介していきます。

室蘭やきとり(北海道)

親子で楽しむ日本三大やきとり
Image by おっと!むろらんHP

昭和8年あたりから始まったとされている、ここ室蘭の「やきとり」!
なんとメインは「鶏肉」ではなく「豚肉」のロースやトロなどを串にさして焼き鳥型にした物なんです。
しかも、肉の間に挟むのは白ネギではなく、なんと「タマネギ」💦
鶏肉使っていない上に❕白ネギも使っていないのかい👀💧 さすが北海道、名産のタマネギで攻めるんですね。
ともあれ、味は絶品なのです・・・。
豚肉とタマネギを刺した串に、タレ派の人にはたまらない甘いタレをかけて・・・・・そして「からし」を付けて口に入れる💝
たまりませんね!
そう、「室蘭やきとり」はやきとりに塗られた甘いタレに「からし」に付けて食べるんです💪 これが「甘くて辛い」何とも癖になる味なんです。
室蘭のかたは、やきとりには「からし」がないと寂しいとおっしゃる方が結構います!!

街には50軒を超える焼き鳥店がひしめき合っています。
是非、親子そろって現地で食べて見てくださいね(お子さんはからしなしで?)✨

【URL】

おっと!むろらん

東松山やきとり かしら(埼玉県)

親子で楽しむ日本三大やきとり
Image by やきとり桂馬HP

50年以上の歴史を綴る、東松山のやきとり「カシラ」! 街には50軒以上のお店が存在しています。
チェーン店の居酒屋でも「カシラ」のやきとりを頼めるお店も結構あるほど「カシラ」が浸透しています✨
むむむ・・・。ここも、室蘭と同じく鶏肉ではなく豚肉を使っているんです。しかも珍しい「カシラ肉」。
肉の間に挟まっているのは室蘭とは違って、こちらは「白ネギ」。
確かに埼玉は「深谷ネギ」が有名ですから、当然白ネギですね💪

そして、東松山のやきとりで欠かせないのが「からしみそだれ」。
みそに「唐辛子」「ニンニク」「ごま油」その他色々な調味料をミックスして作られた、この「甘辛い」味噌を付けて食べると、次元の違う美味しさになるんです!
やきとり自体は、塩焼きされていますのでタレはついていません。必ず、このみそだれを付けて食べましょうね🎵
このみそだれが、やきとり以外の食べ物にもよく合うんです。
生野菜に、このみそだれを付けて食べると野菜嫌いの人でも美味しく食べられるほど👀💦
お店ごとにこの味は違っていますので、食べ歩きしてみる事をお奨めします💕

最近では、この「みそだれ」が独り歩きして、色々なB級グルメなどに使われるようになってきていますが、やっぱりみそだれには「カシラのやきとり」が一番❕

店頭売りのやきとり屋さんもありますので、川越から少し足を伸ばして、親子で「やきとり」めぐりしてみませんか?

この街、日本で最初に「やきとり組合」が出来た町なんです・・・。

【URL】

ぶらーり東松山 やきとりマップ

東松山焼鳥組合



今治焼き鳥(愛媛県)

親子で楽しむ日本三大やきとり
Image by 松山空港HP

こちらは、記述の2つの「やきとり」とは違って「鶏肉」を使用した焼き鳥です!
でも・・・。 今度は串がない・・・。 「三大やきとり」・・・どれも、私がイメージに持っている「焼き鳥」と結構違う・・・。
今治の焼き鳥は、鶏肉を串に刺さずに、網ではなく「鉄板の上」で鶏肉を押しつぶしながら焼いて仕上げる「焼き鳥」。
確かに、鳥を焼いてはいます。
中から出てきた鶏の油が表面を香ばしく焼き上げて表面はカリカリな仕上がりに!中は柔らかくてとっても美味💛
タレの味はお店によって色々なアレンジがされていますので、こちらも食べ歩いてみたいところ❕
潰しながら早く焼くという、せっかちな気質の方が多い地域ならではの名物✨
「皮焼き」や唐揚げの「せんざんき」なども併せて食べてください!!!
きっと満足いただける事でしょう。

もしかすると、お子さんは今治タイプの焼き鳥が一番好きかもしれませんね🎵
食べたくなってきたでしょ?
愛媛県に行ったら、チャレンジしてみましょうね。

【URL】

今治市

今治焼き鳥ガイドブック

3大やきとりに匹敵するやきとりたち

久留米焼きとり(福岡県)

親子で楽しむ日本三大やきとり
Image by ほとめきの街久留米HP

久留米は「ラーメン」でも有名な街ですけれど「焼き鳥」でも名乗りを上げているんです!
かつては「人口当たりの焼きとり店の数日本一」であったほど、地域に焼き鳥が密着している街です💪
この焼き鳥が「名物」といったような代表的な焼きとりがあるわけではありませんが、串焼き全般が愛されていて地域の皆さんが愛着を持っているのです!
かつては、豚肉を中心に焼き鳥として食べていたそうですが、現在ではバラエティーに溢れた「焼きとり」たちが皆さんの胃袋を満たしています。
キャベツは食べ放題!焼き鳥が焼けてくるまでの間、キャベツをほおばって準備しておきましょう!
キャベツは腸に良いですしね💚

親子で楽しく焼き鳥三昧を楽しみましょう❢

【URL】

ほとめきの街久留米



美唄やきとり(北海道)

親子で楽しむ日本三大やきとり
Image by 全国観るなびHP

最近、この美唄のやきとりもかなり有名になってきましたよね!
でも、やっぱりここも、私のイメージする「焼き鳥」とは違ったタイプ👀💦
ここのやきとりは「鶏のもも・ささみ」ではなく「モツ」を使っているんです!
そして、北海道ですので「室蘭」同様に「タマネギ」を「モツ」と交互に刺して焼き上げています。
鶏の色々な内臓部分を使用していますので色々な触感が楽しめる「やきとり」です🎵
鶏のすべての部分を使おうと、無駄をしないこの食べ方に好感が持てる逸品です💓

【URL】

全国観るなび

日本三大やきとり+αまとめ

今回は三大シリーズ【第一弾】❕「やきとり」をご紹介しました。皆さんの頭の中にあるスタンダードなイメージの「焼き鳥」ではない形がほとんどでしたね。今や、鶏のモモや胸などの肉にタレを付けて、または、塩焼きに七味唐辛子を付けて食べる一般的な焼き鳥は何処でも美味しくて、有名になれないのかもしれませんね。
三大シリーズは食べ物以外でもご紹介していきますのでこれからもお時間のある時にお立ち寄りくださいね💜

~親子で楽しむ ふぁんすた~