全国で見られる武者行列や合戦再現のお祭り

普段、武士や忍者などの装いを見ることってなかなかないですよね。見かけるとしても「東映太秦映画村」や「日光江戸村」などの施設に親子で遊びに行った際などでしょうか?こういった施設でも結構楽しめるのですが、大人数での迫力感には少し物足りない感じがしますね。
むしろ各地で開催されている武士のイベント等では、プロの演技は劣りますが、大人数による迫力感がたまりません。
今回は、全国各地で開催されているイベントの中から迫力のある8つを選んでご紹介していきます。
開催地の近くの観光を兼ねて旅行気分で親子で楽しく観戦してみませんか♫

家康行列(愛知県)

江戸を開拓し、現在の東京の基礎をつくった天下人「徳川家康」。
栃木県の日光東照宮は世界遺産にまでなっていますね。
家康公の出身地「岡崎」では、毎年春に「家康行列」「模擬合戦」など春を彩る一大イベントを開催しています!

家康公と徳川四天王をはじめ三河武士団、約700人の行列!
親子で楽しむ家康行列

クライマックスは乙川河川敷で繰り広げられる戦国模擬合戦👀💦
親子で楽しむ家康行列

イベントに併せて、家康公出生の地「岡崎城」も観光していきましょう!
親子で「徳川家康」を勉強してから見に行くと良いでしょうね✎

【開催時期】
4月下旬の日曜日

【開催場所】
愛知県岡崎市

【アクセス】
JR東海道線岡崎駅下車

【URL】岡崎お出かけナビ
(Photo by 岡崎お出かけナビ Website)

上田真田祭り(長野県)

昔から頻繁にドラマに取り上げられる「真田3代」。その居城であった上田城。
ここでも真田氏を偲ぶイベントが開催されています。
毎年10万人以上を集めるこのイベント、街もきれいに整備されている上田は歩いてみても心地よい街です。

親子で楽しむ真田祭り

神輿の練り歩きや、真田隊パレード、真田三代武者行列、真田軍vs徳川軍決戦劇、全国鉄砲演武大会など、見どころが満載の武者まつりです❢
親子で楽しむ真田祭り

武者行列も楽しく観覧できます。

親子で楽しむ真田祭り

上田合戦に興奮🎵

親子で楽しむ真田祭り

関東の方であれば、上田は比較的行きやすい場所ではないでしょうか。
群馬県の沼田も観光しながら、親子で楽しく真田めぐりをしてみませんか?

【開催時期】
4月下旬の日曜日

【開催場所】
長野県上田市

【アクセス】
JRにて上田駅下車

【URL】上田真田祭り  上田城址公園
(Photo by 上田真田祭り Website)



米沢上杉まつり(山形県)

戦国時代が終わり、徳川の世になる頃、米沢に移された上杉家。
上杉謙信を祀る上杉神社、上杉鷹山、上杉景勝、直江兼続などを祀る松岬神社の春の例大祭に併せて行われるイベントです。
上杉謙信に関連して、川中島の合戦などの再現もあってなかなか楽しめるお祭りです。

初日は、例大祭と開幕祭が行われます!
親子で楽しむ米沢上杉祭り

2日目は、上杉謙信が合戦前に必ず行った「武禘式」が行われます。
親子で楽しむ米沢上杉祭り

3日目は、上杉軍団行列と絢爛豪華なみこし渡御が市内をパレード。
親子で楽しむ米沢上杉祭り

4日目は、武田軍との有名な戦い「川中島合戦」を再現!
親子で楽しむ米沢上杉祭り
ゴールデンウィーク、山形に帰省、旅行される方は是非、親子一緒に米沢上杉まつりを訪れてみませんか?

【開催時期】
4月下旬~5月上旬のゴールデンウィークの休祝祭日

【開催場所】
山形県米沢市

【アクセス】
JR米沢駅より

【URL】米沢上杉まつり
(Photo by 米沢上杉まつり Website)

信玄公祭り(山梨県)

戦国時代中盤の武将、「風林火山」の旗で有名な武田信玄を偲んで信玄公の命日前に行われるこのお祭り。
武者行列としては大規模なお祭りです。
親子で行こう信玄公祭り
信玄公と武田二十四将がそろって行う出陣の儀式そして三献の儀や、本陣隊、「風林火山」のそれぞれの陣の出陣他、会場の各地で行われるイベントも数多く開催されとても楽しめること間違いなしです。
そういえば、真田氏も武田二十四将でしたね。

親子で行こう信玄公祭り
そう、イベントの中でも川中島の合戦に向かう武者行列は見逃せません❢
親子で行こう信玄公祭り

帰りには、親子で信玄餅でも買って帰りましょうか🎵

【開催時期】
4月12日の前の金~日曜日の3日間

【開催場所】
山梨県甲府市

【アクセス】
JR中央本線にて甲府駅下車

【URL】信玄公祭り
(Photo by 信玄公祭り Website)



伊達武者まつり(北海道)

北海道伊達市という土地で既にお気づきとは思いますが、伊達政宗のお祭りではありません。
明治初期に仙台を離れ、北海道に渡ってこの地を開拓した、仙台藩亘理伊達家の一門の開拓時の思いや伝統を引き継ぐ祭りとして開催されています。
親子で楽しむ伊達祭り

毎年8月の第一土日の2日間にわたって開催され、
初日の夜は壮な武者絵の山車やパワーあふれる踊りが群舞する「武者山車」が行われ、大きな賑わいを見せます。
親子で楽しむ伊達祭り
また、二日目には、騎馬武者・甲冑武者による「武者行列」が行われます。
親子で楽しむ伊達祭り

メイン会場の「だて歴史の杜」公園のお祭り広場では、特産品の販売や、ステージイベントなどが2日間にわたって開催されます。

北海道のみなさん、この夏、観光で北海道を訪れるみなさん、子供と一緒に見に行ってみませんか?

【開催時期】
8月1週目の土・日曜日の2日間

【開催場所】
北海道伊達市

【アクセス】
JR室蘭本線にて伊達紋別駅下車

【URL】伊達武者まつり
(Photo by  伊達武者まつり Website)

金沢百万石まつり(石川県)

金沢100万石といえば、言わずと知れた戦国武将・加賀藩祖の「前田利家」公。豊臣秀吉の親友として、死ぬまで豊臣秀頼を守っていたことでも知られています。
その前田利家が金沢城に入場したのが、1583年6月。
毎年この6月の時期に開催される大規模なお祭りです。
親子で楽しむ金沢100万石祭り

このお祭りは、武者行列やイベントがメインですが規模が大きく、しかも、毎年「前田利家」「お松の方」役は俳優さんを配しての力の入れようです。
海外からの観光客も多く訪れるため、パンフレット類も様々な言語の物が配布されています。
親子で楽しむ金沢100万石祭り

行列の見どころはいっぱい💖
ミス百万石、獅子舞行列、加賀とび行列、子供奴行列、珠姫御輿入れ行列、大人奴行列、お松の方行列、藩主行列、加賀八家老行列、前田利家入城行列、赤母衣衆など・・・。
親子で楽しむ金沢100万石祭り
さあ、今年は家族旅行を兼ねて金沢へ♫

【開催時期】
主に6月1~2週目の週末

【開催場所】
石川県金沢市 金沢城公園・兼六園近辺

【アクセス】
金沢駅―兼六園下下車― 金沢城公園(石川門口)・兼六園(桂坂口)
金沢駅―広坂下車― 金沢城公園(玉泉院丸口)・兼六園(真弓坂口)
金沢駅―出羽町下車―兼六園(小立野口)

【URL】金沢百万石まつり
(Photo by Kanazawa Hyakumangoku Festival Website)



南総里見まつり(千葉県)

新田義俊を始祖としてかつて「安房国」を治めていた房総里見氏。里見氏といえばやはり有名なのは「南総里見八犬伝」❢ 「水滸伝」「封神演義」などの影響を受けたとされているこの作品は江戸時代から多くの人々に愛されてきた作品ですね。そこからのアレンジ作品「新・里見八犬伝」は映画化もされましたね。

親子で楽しむ里見まつり

このお祭りは、南総里見八犬伝の中で活躍する八犬士の演武や本格的な合戦シーン、火縄銃の演武なども行われるほか、伏姫や八犬士、鉄砲隊や槍隊、手づくり甲冑隊などの戦国武者行列のパレードなども行われるお祭りです。

親子で楽しむ里見まつり

また、併せて各地から多数のの山車・お船・屋台・神輿が集結し、併せて祭りを盛り上げています。
夜の最後には、花火が打ち上げられるなど色々楽しめるイベントですよ💛
お子さんと一緒に楽しみませんか?

親子で楽しむ里見まつり

【開催時期】
主に10月3週目の土曜日

【開催場所】
千葉県館山市

【URL】一般社団法人館山市観光協会
(Photo by Tateyama City Tourist Association Website)

寄居北條まつり(埼玉県)

豊臣秀吉の小田原征伐!「のぼうの城」で有名な「忍城」と同時期に行われていた埼玉県のもう一つの攻防戦!「鉢形城の戦い」。
北條の居城だった北條3兄弟の1人で、鉢形城の城主北条氏邦は、前田利家・上杉景勝率いる5万人の豊臣勢を前に、3,500人の兵力で約1ヶ月の間攻防性を繰り広げた!
「寄居北條まつり」はこの再現をするお祭りです!
親子で行こう寄居北條まつり
約500人が武者姿で出陣し、市街地をパレードした後、北条・豊臣の両軍に分かれて、玉淀河原で攻防戦が繰り広げられます。
少し早めにいかないと、合戦の様が良く見えないかも💪
鉢形城の戦いを勉強して、親子で一緒に行ってみませんか?

【開催時期】
主に5月1~3週目の日曜日

【開催場所】
埼玉県寄居町

【アクセス】
東武東上線・JR八高線・秩父鉄道線「寄居駅」から
徒歩約 5分 市街地通りまで
徒歩約15分 玉淀河原まで

【URL】埼玉県寄居町商工観光課
(Photo by Yorii Town Website)

親子で楽しむ武者行列・合戦再現まとめ

如何でしたでしょうか?なかなか、武者行列や合戦の再現などは見ることができないイベントですよね。会場では戦国武将好きのお子さんなど、食い入るようにしてみている子なども見受けられます。私も、実際に目にしてみてかなり楽しく観戦することができています。もちろん子供たちも大喜び(その後、疲れてぐったりですが)。イベントの多くが春~初夏にかけてですので、同じ時期に重なってしまうのがつらい所なのですが、是非お子さんとご一緒に、ご自宅から一番近い会場に一度は行ってみてはいかがでしょうか。記憶に残る1日になると思いますよ💛

~親子で楽しむ  ふぁんすた~